新型コロナウイルス感染症にかかる臨時記者会見

新型コロナウイルス感染症にかかる臨時記者会見

(令和2年3月9日)の動画をUPしました。

記者会見において、道立衛生研究所に検査機器を1台増設し、道内全体で1日最大180名程度の検査が可能となったことが発表されました。(120→180名)。
また、入院体制は、感染症病床94床に加え、公立・公的病院や北海道医師会などと調整し、約250床まで拡大しました(94→200→250床)。

3月10日時点、患者等の発生状況は、
検査人数 1,094(+25)
陽性累計 111(+3)
陰性確認済累計 49(+6)
死亡累計 3
現在患者数 59(-3)
【内訳】
軽症・中等症 52(-4)
重症 7(+1)

3月9日には中国の電子商取引最大手アリババグループの創業者 馬雲(ジャック・マー)様から、医療用マスクをご提供いただいたそうです。マスクは、現在、国内で入手困難な状況にあり、特に感染症対策の最前線である医療機関での不足は深刻な状況となっていることが考慮され、提供されたマスクは、道内の医療機関において活用していくそうです。