新たなステージへ(新型コロナウイルス記者会見)

鈴木知事臨時記者会見動画(令和2年3月18日)

 

【緊急事態宣言について 鈴木直道知事Twitterより

 2月28日から実施してきた緊急事態宣言について、当初懸念された爆発的な感染拡大と医療崩壊による命と暮らしを守れない状況は、現状として回避されたと考えているため、予定通り3月19日をもって終了いたします。

 この間、手洗いの励行はもちろん、風邪症状のある方の外出自粛、換気の徹底、密閉空間に大勢が集まる状況を避ける等、感染リスクを回避する取組について、危機意識を共有いただき、ご協力をいただいた全ての皆様に感謝申しあげます。

道内の患者の発生については、安定傾向にはありますが、終息に向かっているとまでは言い切れず、依然として油断できない状況。
また、新型コロナウイルス感染症が世界的広がりを見せ、WHOもパンデミック(世界的な大流行)とみなせると表明した現在、早期に終息するかは見通せない状況です.
緊急事態宣言は、道民の行動スタイルを変えるきっかけとして有効に機能したと考えておりますが、国内外の状況を踏まえれば、感染拡大防止に向けた取組が引き続き必要であり、これまでの取組を継続しながら、社会・経済活動への影響を最小限にしていく必要があります。
意識や行動の変革を持続させることのみならず、その意識と具体的な行動をベースに感染拡大防止の取組を行いつつ、社会・経済活動を行う「北海道モデル」の確立に取り組みます。
「新型コロナウイルス感染症の危機克服に向け道民や事業者一丸となって戦っていく」新たなステージに移行します。

道民の皆様、3月20日からも気を緩めることなく、これまでもお示ししてきた通り、外出するときは必ず次の3つの点をご確認ください。

①体調は大丈夫?風邪ぎみではありませんか?
②人が大勢集まり、風通しが悪い場所ではありませんか?
③感染リスクを下げる方法をご存じですか?

これまでの道民の皆様のご理解とご協力に改めて感謝いたします。ありがとうございます。
引き続き、ご自身と大切な人の命と健康と暮らしを守るため、新型コロナウイルス感染症の克服に向け、一丸となって戦っていただきますようお願いいたします。