臨時記者会見動画【休校措置についてなど】

【北海道新型コロナウイルス感染症対策本部第2回本部会議及び臨時記者会見】

記者会見要旨(鈴木知事Facebookより)

昨日、国の専門家会議で「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」がとりまとめられ、地域の感染状況に関する3つの区分「感染拡大警戒地域」、「感染確認地域」、「感染未確認地域」の考え方が示されたところです。現在の感染状況等を踏まえると、道内は「感染確認地域」に該当するものと判断し、学校については、感染症対策を徹底した上で、当初の予定どおり再開させることが適当であると判断したところです。
 再開に当たっては、感染が拡大している地域から転入してきた方の不安や、感染リスクを考慮して休ませたいといった不安にお応えする相談体制の整備や欠席の扱いなど、児童生徒や保護者の皆さまに寄り添った対応をしっかりと行う必要があると考えており、教育長に要請したところです。
 専門家会議の提言では、「密閉」「密集」「密接」という「3つの密」を避けることや、ご自身が患者になった場合にどのように行動すべきかを事前に理解しておくことなどが重要であると指摘されております。道民の皆さまには、こうした意識をお持ちいただき、北海道での取組を継続していただくよう改めてお願いいたします。

 

記者会見で使用された資料のダウンロードはこちらをクリック→ 【記者会見使用資料など】

 

【令和2年4月3日臨時記者会見動画】