【動画】知事定例記者会見(令和2年5月8日)

【定例記者会見要旨】

本日、新型コロナウイルスに関する対応などについて、定例記者会見を行いました。
 札幌市を中心に感染の拡大が続いていることから、私と札幌市長、北海道市長会、北海道町村会から、ゴールデンウィークに引き続き、緊急メッセージを発出しましたので、ご協力をよろしくお願いいたします。

<緊急メッセージ 第2弾>
 ●札幌市民の皆さんは、とにかく家にいる!
 ●道民の皆さんは、札幌に行かない!
 ●道内外の皆さんは、都道府県間の行き来はしない!

 緊急事態措置の内容の見直しについては、昨日の西村大臣の発言も踏まえ、北海道としては、次の4点を考慮して検討していく考えです。
 ○新規感染者の状況
 ○感染経路不明の感染者の状況
 ○医療提供体制
 ○北海道の地理的特性
 PCR検査については、現在の1日あたり400人程度の体制から1000人程度に拡充するよう努め、5月中には見通しを立てたいと考えています。
 新型コロナウイルス感染症の影響により離職を余儀なくされた方や、経済的に困窮するアルバイト学生等を対象に、本日から、非常勤の職員(会計年度任用職員)の募集を開始しました。希望に応じて、任用期間、勤務地、業務内容を選べますので、ご確認ください。

 

「休業要請・感染リスク低減支援金」については、昨日時点で3200件を超える申請書が届いております。できる限り早く支援金を事業者の皆さまのお手元にお届けできるよう、早めに申請していただければと思います。
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/kyuugyouyousei.html
 引き続き、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。