鈴木知事定例記者会見(令和2年12月10日)

【北海道新型コロナウイルス感染症対策本部第29回本部会議及び定例記者会見要旨 FBより】

道内においては、札幌市を中心に厳しい感染状況が続いているものの、これまで急拡大してきた感染者数は、11月下旬をピークに減少傾向になるなど、改善の兆しが見られます。これは、道民の皆様、関係者の皆様の多大なるご協力によるものであり、心から感謝申し上げます。
しかし、人口当たりの新規感染者数は、全国の中で極めて高い水準で推移し、また、医療や福祉施設における大規模な集団感染の発生もあり、医療提供体制には大きな負荷が生じています。特に、年末年始は通常の医療の提供が難しくなる時期であり、その前の段階で負担を低減させ、医療崩壊を防がなければなりません。
道民の皆様や事業者の皆様には、引き続き、大きなご負担をおかけしますが、年末年始の取組を強化するため、集中対策期間を来年1月15日まで延長し、特に、札幌市においては、12月25日までの2週間、営業時間の短縮や休業要請、不要不急の外出や往来の自粛等の強い措置を呼びかけることとしました。

 

(1)これからの時期、忘年会や新年会など、飲食の機会が増加する時期になります。飲食の場面はマスクを外すため、感染リスクが高くなることから、改めてご注意願います。また、自宅を含む飲食の場面においては、5人以上や2時間を超える長時間の飲食を控えいただくようお願いします。

 

(2)感染リスクを回避できない場合、札幌市内と旭川市内においては、不要不急の外出を控えていただくようお願いします。旭川市では、医療機関の大規模な集団感染により、入院患者の増加や医療従事者の不足などが深刻化し、自衛隊への派遣要請を行うなど、医療提供体制の負荷は大変厳しい状況です。12月25日までの集中的な取組にご協力をお願いします。


(3)全国で感染拡大が続いている状況を踏まえ、感染リスクを回避できない場合、都府県において外出自粛など行動制限の要請がある地域との不要不急の往来を控えていただくようお願いします。

(4)重症化リスクの高い方と接する方、また、そのご本人の双方で、マスクや手洗いなど、基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。


(5)事業者の皆様においては、年末年始の挨拶回りは、オンラインや電話、メール等で行うなど、対面しない方法で実施いただくようお願いします。

(6)年末年始の帰省については、行き先の感染状況や現地で予定される行動について、感染リスクがないか十分に確認いただき、感染リスクを回避することが難しい場合は、オンライン帰省をご検討いただきますようお願いします。


皆様のご理解とご協力を心よりお願いいたします。